学校概要

園長挨拶

この年齢の子どもたちは、人としての基礎をつくる大切な時期

園長 福地 宝那

英語教育事業を長年経験した結果、通常の英語学習では高度な英語力を習得することがいかに難しいかを実感してまいりました。また、私は自分の子どもをインターナショナルスクールに通わせ、英語での教育を受けさせました。そこに通われている子供たちがみな自然に英語を話し、3年もすれば誰もがネイティブスピーカーに成長していく姿を目の当たりにしました。

これらの経験をもとに、言語を習得するのに最も適している年齢層であり、なおかつ後の進路の妨げにならない小学校就学前の子どもたちに、自然なかたちで英語が習得できる場があればと思いました。そこで、独自のカリキュラムで日々の保育・教育活動を楽しく英語で行なわれるといった環境をより多くの方に提供できたらと考え、当園『IBK インターナショナル バイリンガル キンダーガーテン』を2006年4月に設立しました。

私たちの使命と願い

日本の教育を受けて育った人が、成人後に英語をマスターしていく過程において、多くの時間や労力、そしてお金が必要だと肌で感じております。また、成人後に1,2年の歳月を費やし語学留学された方でも、満足に話せない方がかなり多いのも現実です。

異文化体験をした子どもほど、性格がオープンで積極的になるといわれます。違いを認め受け入れる大切さ、また他者とコミュニケーションを図る能力や行動、自分の権利と利益をしっかり主張した上で、周りと気持ちよく折り合っていける力を身につけさせ、子ども達を健全に育成したいと願います。

About IBK
園長挨拶
教育理念
クラス
料金