保護者の声

photo

小学生の娘はIBKが設立されて間もない頃から、お世話になっていました。
当時も、今と変わらずカリキュラムがとても充実していて、福地園長先生の英語教育に対する熱い思いを感じていました。
娘がIBKを卒園して、もうすぐ6年になります。IBKにいた時のように英語で話す環境ではないですが、娘は英語が大好きで、聴く音楽も、観る番組も自然と英語のものが多く、ごく自然に自分の生活の中に英語を取り入れているようです。
また、英語のスピーチコンテストにも積極的に参加しています。昨年は、良い成績を修めることができました。このことは娘にとって大きな自信になったと思います。
幼少期の英語教育は、語学面だけでなく、国際感覚を身に付けるのに大きく役立っているようです。海外に行くとそのことがとてもよく分かります。
娘は行く先々で同年代の子供とすぐに仲良くなります。どの国の子供でも英語だと通じるという思いがあるようで、気軽に英語で話しかけています。英語でのコミュニケーションと笑顔があれば、誰とだってお友達です!
息子も現在IBKで楽しく毎日を送っています。
娘のように、IBKで語学力と社会性を身に付けて欲しいと思います。

photo

IBKには、息子が2歳の時からお世話になり、今年で6年目になります。
入園するにあたり、日本語もまだ上手く話せないのに、英語での生活は大丈夫だろうかと正直不安が有りましたが、IBKの門をくぐると息子は、一度も振り向く事なく笑顔で元気に友達や先生の元へ走って行くほど毎日楽しく登園し、親も子も安心して成長させて頂きました。
英語の学習に関してですが、私は、自宅では、積極的に英語を使ったり、学習させたりはしませんでした。と言うのも自然に英語で会話をする、書く、読むようになったからです。
IBKのレッスンで使用しているワークシートも幼い子供に無理の無い内容も有れば、ハイレベルなワークシートもあり、IBKののびのびとした環境のもとで無理なく楽しみながら取り組んで下さった結果だと思ってます。
卒園後も息子の希望でIBKのアドバンスクラスに参加し、更なる英語力UPと会話能力keepに努めています。 息子もまだまだIBKに通いたいと話してます。
受験の英語は、いつか必ずするものですが、英語で会話をする事は、恵まれた環境が無ければ出来ません。息子も私たち親も、IBKには感謝の気持ちでいっぱいです。 先生方も明るく楽しい方ばかりですので、これまで無理なく自然にこれたのも先生のおかげと感謝しています。

photo

毎日楽しいことだらけだったIBKを卒業し、新しい環境に慣れるのには時間がかかりました。
小学校では、新しい友達に会える喜びもありましたが、こつこつ学ばないといけない勉強、日直・掃除当番・整理整頓係など、自分に責任がある役割も与えられて、あっという間に1年が過ぎました。
そして2年目。いろいろな勉強が日々増える中、恥ずかしがり屋の娘は授業中なかなか手も挙げられませんでしたが、英語の時間にポロリとでた英会話で、周りから「すごいね~!」と言われたのをきっかけに、やっと積極的になれたようです。
英語の時間が苦痛な友達に相談される事もあり、「自分は、どうして話せるんだっけ?」「そうか、(IBKの)先生と遊んだり、英語を聞いてたからやぁ。」と自分なりに答えを出し、「ディズニー映画を英語で聞けばいいねん。」とアドバイスした、という話を聞いて、おかしくもあり、一つでも自信が持てるものがあって本当に良かったと思いました。
現在小3の娘は、得意科目に図工が増え、流行りの「アナと雪の女王」の主題歌を英語で歌ったり、海外の子供が話すYouTubeを観て楽しんでいます。
書きたいものを書ける、英語を聞いて、歌える、聞いて、覚えられるって、すごいなぁと感心しています。
IBKでお世話になって、いろいろな扉が開けた事に感謝したいと思います。

photo

「派手な車やな!」IBKとの出会いは、街中で見かけた園バスでした。
直ぐに電話番号をメモして持ち帰りました。この時、2歳の次男の進路について悩んでいました。エリート養成所のようなお受験幼稚園を経て私立の小学校に通わせた長男とは、あまりに性格が違ったのです。
また、英語が必要不可欠なアイテムであるとも感じていました。
早速、園長先生と面談をして、即決しました。設立して間もないこともあり、不安はありましたが、IBKの雰囲気も良く、園長先生の人柄に引かれたのです。園バスのルートに融通を利かせてくれたことも助かりました。
通園当初から彼は活き活きとしていました。卒園まで、IBKに行くのを愚図ったことはありません。2年程で日常的な英会話は出来ていました。
習慣的なものだと思っておりましたが、理論的に理解していたのには驚きました。しかし、本人には勉強した意識は無かったのです。お遊びの感覚で身についていたのですね。
小学5年の今も、英語だけは進んで学んでいます。自分にとって、最強の武器だと自覚しているようです。
国内、海外、男女、年齢を問わずコミュニケーションがとれる。外国人に全くコンプレックスがない。私から見ても羨ましいくらいです。
伸び伸びと育っている彼を見るにつけ、「IBKで正解だった!」と感謝しております。

photo

息子が卒園して、はや4年半が過ぎました。
最初お電話を頂いたときは驚いたと同時に、覚えていてくれたんだ、という嬉しい気持ちになりました。
IBKのレッスンのカリキュラムはしっかりとした物で、勉強だけではなく保育もしっかりしています。
情緒面も育てていく、という所が他ではなかなかないと感じました。通わせるならIBKしかないと思いました。
小学5年生になった息子も時々思い出すのか、パークで友達と遊んだこと、大好きだった先生の話をする時があり、会いたいと言っています。
アクティビティの中で特に好きだったのが、道具を使って色んな物を作ることでした。 色々なことをしていくうちにお友達と協力し、助け合うという事が自然と身に付きました。
現在は学校の英語だけしか勉強していませんが、IBKで身に付いた英語力は忘れることなく今も役立っています。
できるものならもう一度通わせたいくらいです。

photo

子どもには日本語だけでなく英語でのコミュニケーション力を身につけてほしいと思い、英語教育を受けることのできる幼稚園を探していたときにIBKに出会いました。 2歳9カ月から娘が、1歳11ヶ月から息子がお世話になっています。
先生方は皆とても親切で、コミュニケーションがとりやすく、子どもたちを温かい目で見て下さり、その日の様子なども細かにお知らせいただけることに満足しています。
現在、年中クラスの娘は、「日本語禁止」という徹底された環境におかれることで、年少クラス時に比べて格段に英語力が伸びていると実感しております。
カリキュラムも豊富で、何より英語に限らず学ぶことの楽しさを教えていただけることをありがたく思っております。

photo

娘は1歳半からIBKに通い出しました。
少しずつ無理のないように回数を増やし、時間を延ばしていきました。
それでも最初は泣き顔が多く、離れる時はよく大泣きしていました。通い始めて3年目になり、今は毎日IBKに行くのが楽しみで、1週間の夏休みでもIBKに行くのを首を長くして待っているほどです。
3歳になったころにphonics(音声学)を習い、文字と音に関心を持ち始めました。
今ではあちらこちらに書いてある英語を読もうとしたり、うちでは英語頭文字ゲームをしたりしています。英語頭文字ゲームとは、例えば、Aが最初につく英単語を答えるゲームです。Apple, Ant, August, Activity, Animal...と、どんどん増えてきています。 「ママ、見つけた?」「どんな種類?」「何色?」「ヒントちょうだい!」全部英語でやりとりして楽しんでいます。
将来、娘が英語をツールとして役立ててくれればと思います。

photo

IBKに入園を決めるまで、何校かプリスクールを見学しました。
一番の決め手になったのは、何より息子が楽しそうだったのと、入園説明をして頂いた園長代理の言葉、さらにスタッフの方々の息子に対する接し方でした。
人気だけど、担任以外はきっと息子の名前すら分からないだろうと思える事務的なスクールもありました。IBKでは全てのスタッフが息子をよく知っていてくれます。
とは言え、1歳11ヵ月の入園で、当初は初めての母子分離で毎日泣いていた息子、お昼寝もなかなか寝付けなかったようですが、毎日息子に寄り添って頂いた担任の先生のお陰で、今では休みの日でもIBK~♪と言い出すくらいです。
お迎え時には担任の先生から、家とは違った息子の様子を教えて頂く度に、息子の成長ぶりに驚くばかりです。最近では英語の歌をよく歌ってくれるようになりました。 本当にIBKに決めて良かったと思います。

photo

IBKでは、お友達と楽しく「学ぶ」カリキュラムが構成されており、先生やお友達とディスカッションする機会も多く盛り込まれています。
常に英語でコミュニケーションを行うため、頭で理解するのではなく、日常の中で英語が身についていきます。更に先生方の様々な体験談に影響を受け、子供自身のものを見る目が、グローバルになりました。
保育園での出来事や、学んだことを話してくれる子供との会話は、世界地図を見ながらでないと進みません。地理、民族、文化について幼い頃から隔たりなく感覚として学べる機会は、子供自身の興味の対象を大きく広げることに繋がっており、国際的な感性がIBKで育まれています。

photo

1歳9ヶ月から入園してもうすぐ1年になりますが、今ではIBKでの時間は娘にとって一番の楽しみとなっています。
家庭ではとても自然に英語が出てくるので、子供の記憶力や柔軟性・そしてIBKのカリキュラムはすごいなと感じる毎日です。
参観で見たEnglish Lessonはとてもスピード感があって少し驚きましたが、子供たちはちゃんと理解している様子で飽きることなくレッスンを受けていました。
週2回のChinese Lessonも楽しみなようで、中国語で歌ったり数えたり次は英語で話してみたり...上級生が先生と普通に英語で会話していたり、年下の娘に優しく接してくれるところを見ると、とても良い環境にいるんだなと納得できます。
保育面でも安心して預けられる環境で、お迎えの時に毎日の様子を話してくださったり家庭の状況に配慮していただいたり、とても信頼できる関係となっています。1歳下の妹がもうすぐ入園可能な時期なので、ふたりで一緒に英語で歌ったりおしゃべりしたりする姿が見られるのが楽しみです。そして、IBKで過ごせるこれからの時間を大切にしていきたいと思っています。

photo

息子がIBKを卒園して4年が経過しました。
卒園してからはサタデースクールに通い、英語力のキープ、アップに努めています。
週1回の英会話スクールに通うのと違い、やはり幼児期に毎日英語の環境にいたことで何よりリスニングが自然と息子の強みとなり、卒園後すぐに英検受験に挑戦し、小学2年生で準2級まで取得することができました。
IBKで過ごした時間は私、息子共々毎日が楽しくあっという間でしたが、その4年半が息子にとって近い将来彼の自信となり時には武器となり助けてくれることだと思います。
IBKで学んだ思いやりや助け合いの気持ちも大切にし、これから先広い視野を持って、立派な国際人になってくれる事を期待しています。

Parents Voice
保護者の声